ユウの小屋

PCの更新内容やSLPでの活動、開発したもの等をupしていきます

ipconfigが文字化けする

Cygwinでipconfigを実行したところ、文字化けした状態で出力されました。

原因は、WindowsがShift-JISで出力するところ、CygwinではUTF-8を使っているから。

 

この問題を解消し、Cygwin上でも文字化けせずに見られるようにしました。

方法は、このサイトを参考にしました。

http://takuya-1st.hatenablog.jp/entry/20110206/1296982561

 

NKFをビルドし、.bashrcにaliasを書き込む。

これにより、問題が解消されました。

Cygwinにpryを導入

先日、Cygwinで「irbは使えるけどpryが使えない」問題が発覚したので、導入することにしました。

 

まずはgem installを。

$ gem install pry pry-doc

そして、pryコマンドを実行。

しかし、次のようなエラーを吐かれる。

Sorry, you can't use Pry without Readline or a compatible library.
Possible solutions:
* Rebuild Ruby with Readline support using `--with-readline`
* Use the rb-readline gem, which is a pure-Ruby port of Readline
* Use the pry-coolline gem, a pure-ruby alternative to Readline

とりあえず、言われた通りにgem installする。

$ gem install rb-readline
$ gem install pry-coolline

そして、もう一度pryコマンドを実行。

$ pry
[1] pry(main)>

今度は成功。

ここまでやって、Rubyのrebuild云々を飛ばしてたことに気づいたが、これは大丈夫なのかどうか不明…

cygstart→open

CygwinからWordファイルやPDFファイルなどを開くことのできるコマンド、cygstartの存在を知りました。

使う機会があるのかどうか分からないけど、長いので一応エイリアス

 

.bashrcに alias open='cygstart' と書き込みました。

Pythonで素数判定 - ウィルソンの定理

情報数学のレポートの問題で、ウィルソンの定理を用いた素数判定プログラムを作成しました。

C言語だと計算が面倒なので、Pythonで書きました。

コードは、以下の通り。

 


import time

def is_prime(n):
    wilson = reduce(lambda x, y: x*y, range(1, n))
    wilson = wilson + 1

    if wilson % n == 0:
        return True
    else:
        return False

print "Please input number."

num = input()
start = time.clock()
result = is_prime(num)

print ""
if result == True:
    print "The number is prime number."
else:
    print "The number is not prime number."

end = time.clock()
time = end - start
time = str(time)

print""
print "Time:" + time + "[s]"

 

C言語で素数判定 - エラトステネスの篩

情報数学のレポートの問題で、8桁までの素数判定プログラムを作成。

エラトステネスの篩の考え方を用いて、計算を効率化しました。

コードは、以下のとおり。

 

#include<stdio.h>
#include<time.h>

#define MAX 99999999 // 8桁の最大数

void FlagBuild(int arr[MAX], long int n);
void FlagDelete(int arr[MAX], long int n, long int tag);

int area[MAX] = {0};

int main(void){

  long int num;
  long int k = 0;
  int ct = 0;
  clock_t start, end;
  double time;

  // 素数判定する数字の入力 
  printf("素数判定する数字を入力してください:");
  scanf("%ld", &num);

  start = clock();

  // 0 か 1 が入力された場合、メッセージの出力
  if ( num == 0 || num == 1 ){
      printf("%ld は素数ではありません.\n", num);
      return 0;
  }

  // 2 ~ num-1 の数にフラグを立てる
  FlagBuild(area, num);

  // 判定
  for ( k = 2; k < num; k++ ){
      if ( area[k] == 1 ){
          if ( num % k == 0 ) {
              // 反復の打ち切り
              ct++;
              break;
          } else {
              // k の倍数のフラグを削除
              FlagDelete(area, num, k);
          }

      }
  }

  // メッセージの表示
  if ( ct == 0 ) { printf("%ld は素数です.\n", num);}
  else { printf("%ld は素数ではありません.\n", num); }

  end = clock();
  time = (double)(end - start) / 1000;

  puts("");
  printf("処理時間:%.3f[s]\n", time);

  return 0;
}


void FlagBuild(int arr[MAX], long int n){

  long int k;

  // 2 ~ n-1 の数にフラグを立てる
  for ( k = 2; k < n; k++ ){
      arr[k] = 1;
  }
}


void FlagDelete(int arr[MAX], long int n, long int tag){

  long int k;

  // 倍数値のフラグを削除
  for ( k = tag; k < n; k+= tag ){
      arr[k] = 0;
  }

}

Cygwinにtreeコマンドを導入

某サークルの合宿でtreeコマンドが紹介されて、初めてその存在を知りました。

 

ところがCygwinでtreeコマンドを実行してみると、使えない。

 

ググってみると、Cygwinでは特殊な操作をしないとtreeコマンドが使えないらしい…

 

というわけで、treeコマンドを導入しました。

以下がその手順です。

① ダウンロード

$ wget ftp://mama.indstate.edu/linux/tree/tree-1.6.0.tgz

② 展開

$ tar xvfz tree-1.6.0.tgz

MakefileCygwin用に編集する

$ cd tree-1.6.0
$ vim Makefile

コンパイル

$ make
$ make install

 

後は、treeでコマンドが実行できれば成功です。

 

以下のページを参考にしました。

http://fa11enprince.hatenablog.com/entry/2013/12/08/115526

Vimプラグインの導入

VimプラグインVim拡張機能に手を出すことにしました。

 

◯ NeoBundleの導入

まず、NeoBundle(Vimプラグインを管理しやすくするツール)を導入しました。

これを導入し、.vimrcに NeoBundle 'Shougo/unite.vim' のようにプラグイン名を記述しておけば、コマンド1つでプラグインをインストールすることができます。

手順は以下のとおり。

 

$ mkdir -p ~/.vim/bundle

$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle

 

これでNeoBundle自体の導入は完了。

次はプラグインの導入に移りました。

 

◯ 各プラグインの導入

プラグインの導入手順は

① .vimrcにプラグイン名を記述

Vimコマンドライン上で :NeoBundleInstall を実行

とするだけです。簡単ですね。

 

今回は、各プラグインの設定も含めて、.vimrcに以下のように記述しました。

" プラグイン
"----------------------------------------------------------------------

if has ('vim_starting')
set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))

" NeoBundleをNeoBundleで管理する
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

" ファイルオープンを便利に
NeoBundle 'Shougo/unite.vim'

" Unite.vimで最近使ったファイルを表示できるようにする
NeoBundle 'Shougo/neomru.vim'

 

" 入力補完=============================================================
NeoBundle 'Shougo/neocomplcache'
" AutoComplPopの無効化
let g:acp_enableAtStartup = 0
" vimを立ち上げた時に、自動でneocomplcacheをONにする
let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1
" Use smartcase.
let g:neocomplcache_enable_smart_case = 1
" Set minimum syntax keyword length.
let g:neocomplcache_min_syntax_length = 3
let g:neocomplcache_lock_buffer_name_pattern = '\*ku\*'

" Enable heavy features.
" Use camel case completion.
"let g:neocomplcache_enable_camel_case_completion = 1
" Use underbar completion.
"let g:neocomplcache_enable_underbar_completion = 1

" Define dictionary.
let g:neocomplcache_dictionary_filetype_lists = {
\ 'default' : '',
\ 'vimshell' : $HOME.'/.vimshell_hist',
\ 'scheme' : $HOME.'/.gosh_completions'
\ }

" Define keyword.
if !exists('g:neocomplcache_keyword_patterns')
let g:neocomplcache_keyword_patterns = {}
endif
let g:neocomplcache_keyword_patterns['default'] = '\h\w*'

" Plugin key-mappings.
inoremap <expr><C-g> neocomplcache#undo_completion()
inoremap <expr><C-l> neocomplcache#complete_common_string()

" Recommended key-mappings.
" <CR>: close popup and save indent.
inoremap <silent> <CR> <C-r>=<SID>my_cr_function()<CR>
function! s:my_cr_function()
return neocomplcache#smart_close_popup() . "\<CR>"
" For no inserting <CR> key.
"return pumvisible() ? neocomplcache#close_popup() : "\<CR>"
endfunction
" <TAB>: completion.
inoremap <expr><TAB> pumvisible() ? "\<C-n>" : "\<TAB>"
" <C-h>, <BS>: close popup and delete backword char.
inoremap <expr><C-h> neocomplcache#smart_close_popup()."\<C-h>"
inoremap <expr><BS> neocomplcache#smart_close_popup()."\<C-h>"
inoremap <expr><C-y> neocomplcache#close_popup()
inoremap <expr><C-e> neocomplcache#cancel_popup()
" Close popup by <Space>.
"inoremap <expr><Space> pumvisible() ? neocomplcache#close_popup() : "\<Space>"

" For cursor moving in insert mode(Not recommended)
"inoremap <expr><Left> neocomplcache#close_popup() . "\<Left>"
"inoremap <expr><Right> neocomplcache#close_popup() . "\<Right>"
"inoremap <expr><Up> neocomplcache#close_popup() . "\<Up>"
"inoremap <expr><Down> neocomplcache#close_popup() . "\<Down>"
" Or set this.
"let g:neocomplcache_enable_cursor_hold_i = 1
" Or set this.
"let g:neocomplcache_enable_insert_char_pre = 1

" AutoComplPop like behavior.
"let g:neocomplcache_enable_auto_select = 1

" Shell like behavior(not recommended).
"set completeopt+=longest
"let g:neocomplcache_enable_auto_select = 1
"let g:neocomplcache_disable_auto_complete = 1
"inoremap <expr><TAB> pumvisible() ? "\<Down>" : "\<C-x>\<C-u>"

" Enable omni completion.
autocmd FileType css setlocal omnifunc=csscomplete#CompleteCSS
autocmd FileType html,markdown setlocal omnifunc=htmlcomplete#CompleteTags
autocmd FileType javascript setlocal omnifunc=javascriptcomplete#CompleteJS
autocmd FileType python setlocal omnifunc=pythoncomplete#Complete
autocmd FileType xml setlocal omnifunc=xmlcomplete#CompleteTags

" Enable heavy omni completion.
if !exists('g:neocomplcache_omni_patterns')
let g:neocomplcache_omni_patterns = {}
endif
let g:neocomplcache_omni_patterns.php = '[^. \t]->\h\w*\|\h\w*::'
let g:neocomplcache_omni_patterns.c = '[^.[:digit:] *\t]\%(\.\|->\)'
let g:neocomplcache_omni_patterns.cpp = '[^.[:digit:] *\t]\%(\.\|->\)\|\h\w*::'

" For perlomni.vim setting.
" https://github.com/c9s/perlomni.vim
let g:neocomplcache_omni_patterns.perl = '\h\w*->\h\w*\|\h\w*::'
" =====================================================================

" Ruby向けにendを自動挿入してくれる
NeoBundle 'tpope/vim-endwise'

" コメントON/OFFを手軽に実行
NeoBundle 'tomtom/tcomment_vim'

" インデントに色を付けて見やすくする======================================
NeoBundle 'nathanaelkane/vim-indent-guides'

" vimを立ち上げた時に、自動でvim-indent-guidesをONにする
let g:indent_guides_enable_on_vim_startup = 1

" ガイドをスタートするインデントの量
let g:indent_guides_start_level=2

" 自動カラー無効
let g:indent_guides_auto_colors=0

" 奇数インデントのカラー
autocmd VimEnter,Colorscheme * :hi IndentGuidesOdd guibg=#444433 ctermbg=gray

" 偶数インデントのカラー
autocmd VimEnter,Colorscheme * :hi IndentGuidesEven guibg=#333344 ctermbg=darkgray

" ハイライト色の変化の幅
let g:indent_guides_color_change_percent = 30

" ガイドの幅
let g:indent_guides_guide_size = 1

"=========================================================================

call neobundle#end()

filetype plugin indent on

" Vim起動時に未インストールのbundleがないかどうかをチェック
NeoBundleCheck

 

プラグインの機能などは、下記のページを参考にしてください。

http://qiita.com/jnchito/items/5141b3b01bced9f7f48f